祝!2020年東京オリンピック

交通機関

東京オリンピックが開催されることが決定しました。 今から日本ではその時の交通機関を整えるべく工事が始まっています。 1番注目すべきは首都高だといわれています。 首都高に関しては老朽化が懸念されていて、工事は前まえから求められていましたが、規模も大きいですしなかなか工事の手が付けられずにいたのです。 しかし、地震がきたら確実に壊れてしまうということが心配されていましたし、東京オリンピックが開催されるとなればそういった古い高速道路なども首都高に関しては直されることが求められますし、外国から大丈夫なのか?と聞かれた時に自身を持って答えられるような状態にはしておきたいものです。 東京オリンピックに関しては、代々木にオリンピックスタジアムを作り、さらに有明やお台場、豊洲のあたりにも会場や選手村ができます。 選手はもちろんですが、観光客も交通機関を利用するわけですから、今の時点でも渋滞が起きているところというのは対策を考えなくてはなりません。 東京オリンピックまであと6年ありますが、その間で大分改善されることが求められています。 建設業では、人手不足ということがとても言われているようですが、やはりそれもこの東京オリンピックの準備ということでが理由なようです。 しかし、オリンピックが終了してしまいますと、また働き口が減ってしまいますし、建設業も一気に下火になってしまうということも考えられます。しかしどちらにしても、オリンピックがよい影響となって経済が潤っていくということは国民としても注目すべき点でもあります。 お台場に関してはゆりかもめ、臨海副都心線などが走っていますが、少しアクセスが不便な面もあります。 車の移動ですと渋滞をすることもありますので、ラインの改造なども求められています。 これから快適な移動ができるように、またオリンピックが終了してからも快適な生活ができるようにしてもらいたいところです。 国民一団となって応援しましょう。